第49回(2018年)
JXTG童話賞
【中学生の部 最優秀賞】

ゆらゆらな傘の空作者:藤井早紀子 / 絵:中島梨絵

小さな公園の隅っこで、その子はまっさおな傘をさしていた。傘にあたった夏の重い空気がパッと弾けるような、涼しい色だった。

「なにしてるの。」

雨なんか降っちゃいない。雲一つない空は、その傘と同じ色をしていた。

「空を支えてるの。」

何ともないような感じで、その子は答えた。返事に困っていると、

「ウソじゃない、ホントよ。」

と大真面目に言われた。へえ、としか言えなかった。

「空って、重いの?」

聞いてみると、その子はちょっと首を傾げて頭の上の傘を見上げた。

「すごく重いけど、支えてる感じはないよ。」

よくわからない答えだったけど、そのちぐはぐさがその子には合っていた。

傘も青い。空も青い。ふたつの青さを映したその子自身も、まっさおをまとっていた。

その子はブランコの横に立っていたから、僕は二つあるブランコのうち、その子側の方に座った。こいでみると、キイ、キイと、まるで泣いているみたいな音がした。ぷうんと鉄のすっぱいにおいがする。

その子は、ブランコをこぐ僕を物珍しそうに見ていた。前後に揺れる僕を目で追うものだから、大きな黒目がきょろきょろ動いて何だかおかしかった。

「……昔ね、よくお母さんとここに来て遊んだんだ。この時間に、ちょうど。」

僕は立ちこぎに変えた。暗くなり始めた空に体全部がまるごと飛び込んでいくみたいで、西の太陽がまぶしかった。

  • 1
  • 2
  • 3

次のページ次のページ

過去の受賞作品のご紹介

今までの受賞作品をカテゴリ毎に分けて
ご紹介しております。

  • 楽しい&
    元気になる話

    楽しいお話、
    元気になれる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心が
    あたたまる話

    こころがほっこり
    あたたまるような
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心にしみる話

    心にじんわりしみる
    ような、
    胸を打つ
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • ふしぎな話

    ちょっと不思議で
    ファンタジックな
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 動物が
    出てくる話

    いろいろな動物が
    登場するお話を
    まとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 季節の話

    春夏秋冬、
    四季を感じる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

童話の花束 PDF バックナンバーはこちら童話の花束 PDF バックナンバーはこちら