第48回(2017年)
JXTG童話賞
【中学生の部 最優秀賞】

夏びん作者:小梛清香 / 絵:しらかたみお

都会の冬は、灰色だった。

空気も、建物も、人も、空も。

人はみんな無表情で、どこかを目指して足早に歩いている。まるで機械のように。

そんな灰色の世界の中で、一点、輝く水色を見つけ、僕は立ち止まる。

骨董屋の店先にあるそれは、ラムネのビンだった。

なぜだか懐かしさが溢れ出す。

空と海を混ぜたような色。夏を全て押し込んだような色。小さい頃は、中のビー玉が欲しくて、ビンを割るような真似までしてみたものだ。

思わずビンを手に取り、振ってみる。ちりんとビー玉が鳴った。いい音だ。そっと目を閉じてみた。

街の騒音がだんだん遠くなる。

話し声、車のエンジン、そしてこれは……

蝉の声?

目を開ける。むっとするような木々の匂い。揺れている木漏れ日。太陽は僕をいじめるように照りつけている。真夏の温度に溶けてしまいそうだ。

そうだ、僕はカブト虫を探していたんだっけ。

顔を上げると、広がる田んぼがあった。青い稲が風にそよいでいた。真昼の白い月がきれいだった。

  • 1
  • 2
  • 3

次のページ次のページ

過去の受賞作品のご紹介

今までの受賞作品をカテゴリ毎に分けて
ご紹介しております。

  • 楽しい&
    元気になる話

    楽しいお話、
    元気になれる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心が
    あたたまる話

    こころがほっこり
    あたたまるような
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心にしみる話

    心にじんわりしみる
    ような、
    胸を打つ
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • ふしぎな話

    ちょっと不思議で
    ファンタジックな
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 動物が
    出てくる話

    いろいろな動物が
    登場するお話を
    まとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 季節の話

    春夏秋冬、
    四季を感じる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

童話の花束 PDF バックナンバーはこちら童話の花束 PDF バックナンバーはこちら