第47回(2016年)
JX-ENEOS童話賞
【小学生以下の部 優秀賞】

ぼくとハナ作者:岡田みなみ / 絵:亀澤裕也

ぼくとハナ

 ぼくは、小学三年生のしんじ。今日は大雨だ。いつもするサッカーも、できない。
「つまらないなあ~。」
 きっと今日は、つまらない一日になるだろう。ぼくはそう思った。
 その日の下校途中、ぼくは妙な音を耳にした。
「クウー。」
 辺りを見回しても、音の出そうなものは無い。
「そら耳か。」
 そう思って、ぼくは再び歩き出した。
「クウー。」
 また、あの音がした。
「なんだよ。」
 ぼくは、後ろを見た。すると、そこには小さいしば犬がいた。生後三か月位だろうか。そのしば犬は、目をキラキラさせながら、ぼくのことを見ている。
「きみ、ひとりなの?」
 ぼくが聞くと、そのしば犬は、
「ワン!」
 と、それに答えるようにほえた。ぼくは、そのしば犬を、傘の中に入れてあげた。

過去の受賞作品のご紹介

今までの受賞作品をカテゴリ毎に分けて
ご紹介しております。

  • 楽しい&
    元気になる話

    楽しいお話、
    元気になれる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心が
    あたたまる話

    こころがほっこり
    あたたまるような
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心にしみる話

    心にじんわりしみる
    ような、
    胸を打つ
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • ふしぎな話

    ちょっと不思議で
    ファンタジックな
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 動物が
    出てくる話

    いろいろな動物が
    登場するお話を
    まとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 季節の話

    春夏秋冬、
    四季を感じる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

童話の花束 PDF バックナンバーはこちら童話の花束 PDF バックナンバーはこちら