第46回(2015年)
JX-ENEOS童話賞
【一般の部 最優秀賞】

残されたカレーライス作者:佐用優子

残されたカレーライス

そんなある日、
「ひと口でいいから食べな。」
おばあちゃんはカレーライスを用意してくれた。
珍しく何度もせがむので、仕方なくひと口だけ口にした途端に、涙が溢れ出した。
震災後、初めて流れた涙だった。
「このカレーライスはおばあちゃんがお母さんに教えたんだよ。」
ぼくは涙も呑みながら、もうひと口、口に含んだ。
「お母さんもお父さんもみんな生きているんだよ、心のなかで。」
おばあちゃんが初めて見せた、泣き顔のような笑顔だった。
「おばあちゃん、ごめんなさい。」
ぼくは消えそうな声を出したあと、なにもかもに打ち勝つように、大きな声を出して泣いた。

過去の受賞作品のご紹介

今までの受賞作品をカテゴリ毎に分けて
ご紹介しております。

  • 楽しい&
    元気になる話

    楽しいお話、
    元気になれる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心が
    あたたまる話

    こころがほっこり
    あたたまるような
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心にしみる話

    心にじんわりしみる
    ような、
    胸を打つ
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • ふしぎな話

    ちょっと不思議で
    ファンタジックな
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 動物が
    出てくる話

    いろいろな動物が
    登場するお話を
    まとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 季節の話

    春夏秋冬、
    四季を感じる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

童話の花束 PDF バックナンバーはこちら童話の花束 PDF バックナンバーはこちら