第46回(2015年)
JX-ENEOS童話賞
【一般の部 最優秀賞】

残されたカレーライス作者:佐用優子

残されたカレーライス

ぼくは焼け野原を、おばあちゃんの家まで歩いて行った。
家に着くと、おばあちゃんはありったけのごちそうを用意してくれた。
「今日からここがまーくんの家だよ。」
ぼくはごちそうをひと口も食べず、ただ横たわって寝ていた。
おばあちゃんのいないほうへ寝返りをうつ。
何日もなにも食べず、なにもしないで、ただ寝転がっていた。
「ちゃんと食べないと、学校にも行けなくなるよ。」
おばあちゃんは、ぼくが食べなくても必ずごはんを用意してくれた。
「まーくん、ごはんだよ。」
あまりにしつこいので、ぼくも躍起になって怒鳴った。
「いらないって言ってるんだよ、ぼくはママのごはんが食べたいんだ!」
おばあちゃんが背中で泣いているようだった。
ぼくは毛布にくるまって、眠った。

過去の受賞作品のご紹介

今までの受賞作品をカテゴリ毎に分けて
ご紹介しております。

  • 楽しい&
    元気になる話

    楽しいお話、
    元気になれる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心が
    あたたまる話

    こころがほっこり
    あたたまるような
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心にしみる話

    心にじんわりしみる
    ような、
    胸を打つ
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • ふしぎな話

    ちょっと不思議で
    ファンタジックな
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 動物が
    出てくる話

    いろいろな動物が
    登場するお話を
    まとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 季節の話

    春夏秋冬、
    四季を感じる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

童話の花束 PDF バックナンバーはこちら童話の花束 PDF バックナンバーはこちら