第45回(2014年)
JX-ENEOS童話賞
【一般の部 最優秀賞】

小さな駅の待合室作者:石川栄一

小さな駅の待合室

 そこは田舎の小さな駅。通勤時間でも一日数十人程度。夜の十時を過ぎれば駅員以外は誰もいない。こんな小さな駅が、無人駅にならないのが不思議なほどだ。
 
 駅の待合室に上品な着物姿の初老の春子がボンヤリと座っている。春子は時々独り言を言っているみたいだが、何を言っているのかは分からない。 駅の前にタクシーが止まり、やはり上品な初老の紳士・明男が降りてくる。明男はゆっくりと待合室に入り、春子に、
「こんばんは。」
 と、声をかける。春子もニッコリ笑って、
「こんばんは。」
 と、こたえる。
「隣に座ってもいいですか?」
 と、明男も満面の笑顔。
「もちろん、構いません。」
 明男は少し遠慮気味に春子の横に座る。

過去の受賞作品のご紹介

今までの受賞作品をカテゴリ毎に分けて
ご紹介しております。

  • 楽しい&
    元気になる話

    楽しいお話、
    元気になれる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心が
    あたたまる話

    こころがほっこり
    あたたまるような
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心にしみる話

    心にじんわりしみる
    ような、
    胸を打つ
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • ふしぎな話

    ちょっと不思議で
    ファンタジックな
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 動物が
    出てくる話

    いろいろな動物が
    登場するお話を
    まとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 季節の話

    春夏秋冬、
    四季を感じる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

童話の花束 PDF バックナンバーはこちら童話の花束 PDF バックナンバーはこちら