第42回(2011年)
JX童話賞
【中学生の部 優秀賞】

風のたより作者:破魔紋佳

風のたより

 窓辺で口笛を吹きながら、絵本を開いた。わたしの一番好きな絵本。おばあちゃんからもらった宝物。あれから十一年。
 友だちの葵と口げんかをしたのは今朝のこと。ちょっとした心のすれ違いだった。
 緑の空気を吸いたくて窓を開けると、葉擦れの音がさわさわ聞こえてくる。舞いこんだ風が絵本のページをパラパラとめくる。飛ばされた柳の葉が一枚、小さく色をそえていた。わたしは大切に絵本を閉じて、立ちあがった。
 やっぱりメールじゃ伝わらない。手紙を書こう。そう思いたって文房具屋さんへ向かった。
 レターコーナーで選んでいたわたしは、ふと視線を感じて顔を上げる。ひとつのレターセットが目に留まった。
 青い空の中に、虹色の雲が浮かんでいる。  それを見たとき、胸の奥深く眠っていたおばあちゃんとの記憶が思いおこされた。
「彩、見てごらん。お空が鱗雲でいっぱいだね。」
「おばあちゃん、見て見て。お空にまどがあいたよ。あのキラキラしてるのなあに?」
「彩雲だよ。まるで七色の龍が通ったあとみたいだろう。あれを見た人は幸せになれるんだよ。」
 あのときとそっくりな雲。きっとわたしと葵を結んでくれる。祈りにも似た気持ちを抱えて、わたしはレジへ足を向けた。
 何も聞こえなくなるほど夢中で手紙を書く。宛て名を書きおえてひと息つき、大きくのびをした。気づけば小指が真っ黒だった。
 手紙を机の上に置いて、そのままわたしは眠りについた。夢の中で風の音が聞こえた。
 翌朝、教室に着いたとたん、葵が小走りで近寄ってきた。
「お手紙、ありがとう! わたしこそごめんね。」
(えっ、まだ手紙渡してないんだけど!?)

過去の受賞作品のご紹介

今までの受賞作品をカテゴリ毎に分けて
ご紹介しております。

  • 楽しい&
    元気になる話

    楽しいお話、
    元気になれる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心が
    あたたまる話

    こころがほっこり
    あたたまるような
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心にしみる話

    心にじんわりしみる
    ような、
    胸を打つ
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • ふしぎな話

    ちょっと不思議で
    ファンタジックな
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 動物が
    出てくる話

    いろいろな動物が
    登場するお話を
    まとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 季節の話

    春夏秋冬、
    四季を感じる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

童話の花束 PDF バックナンバーはこちら童話の花束 PDF バックナンバーはこちら