第42回(2011年)
JX童話賞
【中学生の部 最優秀賞】

複眼の空作者:溝渕智咲

複眼の空

 蝶蝶の短い、一夏の命。その中でわたしは罪を犯しました。下に悲しみを残してきたのです。小さな、でも透明な悲しみ。

 暑い夏がくる一瞬前。爽やかな風が梅雨の終わりを告げました。紫陽花に主役を交代してもらった朝顔が太陽のまぶしさに顔をうつむかせます。
 男の子は、見つけました。美しい羽は折れていました。空中の舞姫は、土の上ではただの虫でした。蝶蝶を見つけたのです。  心優しい男の子はそっと手で抱えるとじっとのぞきこみました。柔らかい皮膚の上でよろよろと蝶蝶は歩きます。
 教室まで蝶蝶を持ちかえった男の子は銀色に光るクッキーの缶に蝶蝶を入れてやりました。意地悪な少年たちに見つからぬようロッカーの奥に隠します。
 授業が始まっても、男の子は蝶蝶のことしか考えていませんでした。黒と黄色のまだら模様。黒板の上で先生がチョークを滑らせる堅い音だけが聞こえます。
 長い一日が終わりました。みんながいなくなるのをずっと待って教室があかね色でいっぱいになったころ、やっと男の子は缶を引っぱりだすことができました。

過去の受賞作品のご紹介

今までの受賞作品をカテゴリ毎に分けて
ご紹介しております。

  • 楽しい&
    元気になる話

    楽しいお話、
    元気になれる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心が
    あたたまる話

    こころがほっこり
    あたたまるような
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心にしみる話

    心にじんわりしみる
    ような、
    胸を打つ
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • ふしぎな話

    ちょっと不思議で
    ファンタジックな
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 動物が
    出てくる話

    いろいろな動物が
    登場するお話を
    まとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 季節の話

    春夏秋冬、
    四季を感じる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

童話の花束 PDF バックナンバーはこちら童話の花束 PDF バックナンバーはこちら