第42回(2011年)
JX童話賞
【一般の部 優秀賞】

貝の補聴器作者:斉藤隆

貝の補聴器

 ひとりの若いおかあさんが、也作じいさんに一枚のメモを差しだしました。
『補聴器の雑音がうるさくて、みんなが迷惑しています。』
 そのおかあさんはひどく疲れて、イライラしているようです。無理もありません。みんな、避難所に来てもう二週間です。
 メモを受けとった也作じいさんは、一瞬意味が分かりませんでした。でも、すぐに気がつきました。自分の補聴器が耳に合わないので、雑音を立てているのだと。也作じいさんは、慌てて補聴器を耳から外しました。まわりのみんなに、ずっと迷惑をかけていたのかと思うと、也作じいさんは居たたまれずに、外に飛びだしました。それ以来、也作じいさんは、食事と寝るとき以外は、どんなに寒くてもずっと外にいるようになりました。

 二週間前でした。耳が遠い也作じいさんが、
「地震です! 津波が来ます! 避難してください!」

 という役場の警報に気づいたときには、
津波が間近に迫っていました。
 必死で高台に避難しましたが、
何度も転んだので補聴器を 
なくしてしまったのです。

 音の無い生活が一週間以上も続きました。避難している心細さと、音のない孤独感は大変なものでした。それに、奥さんの桜ばあさんの行方がいまも分かりません。あの日、病院に薬をもらいに行くと出かけたまま連絡が取れないのです。
 也作じいさんは、ボランティアの方になんとかお願いして補聴器を借りることができました。でも、耳に合わなかったのでピーピーと鳴っていたのです。
「外は寒いよ。中に入って。」
 と声をかける人もいません。
だれもが自分のことで精一杯なのです。

過去の受賞作品のご紹介

今までの受賞作品をカテゴリ毎に分けて
ご紹介しております。

  • 楽しい&
    元気になる話

    楽しいお話、
    元気になれる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心が
    あたたまる話

    こころがほっこり
    あたたまるような
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心にしみる話

    心にじんわりしみる
    ような、
    胸を打つ
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • ふしぎな話

    ちょっと不思議で
    ファンタジックな
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 動物が
    出てくる話

    いろいろな動物が
    登場するお話を
    まとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 季節の話

    春夏秋冬、
    四季を感じる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

童話の花束 PDF バックナンバーはこちら童話の花束 PDF バックナンバーはこちら