第41回(2010年)
JX童話賞
【中学生の部 最優秀賞】

まゆと赤ばっぱ作者:星結衣

まゆと赤ばっぱ

 まゆは小学校四年生、この村に転校してきてからひと月がたった。でも、まゆには友だちがいない。都会生まれで都会育ちのまゆには、田舎での生活は驚くことでいっぱいだったのだ。
「水わっしゃ、やばっせ。」(水遊びに行こうよ)
 声をかけられても何のことだかわからない。
「なに、しらぶぐっちぇる?」(何、とぼけてるんだ?)
「へでなしなやっちゃな。」(変な人だな) まゆは、立ちすくんでしまう。だから、学校の友だちは、まゆのことを「都会っ子は、お高くとまっている。」と思っている。積極的に友だちになろうと近づいてくれる子もいなくなった。
「ひとりでいいもん。」
 強がってそうは言ってみるけれど、つまらない。でも
「お友だちになって。」
 そう言うのも何だかシャクだから、この状態が続いているのだ。
 まゆの学校への通学路の途中に、お地蔵様が立っている。まゆには、ちょっと苦手なお地蔵様だ。だって、真っ赤な服を着ている上に、全身が真っ赤に塗ってあるのだから。申し訳ないと思いながら「気持ち悪い。」と思ってしまう。なるべく見ないようにして小走りに通りぬける。通りぬけるとほっとして汗がふきでてくる。青い空から太陽が照りつける。そろそろこの田舎にも夏がやってくる。そんなある日のことだ。学校帰りにいつものように赤地蔵を走りぬけようとすると、
「こっちさ、やび。」(こちらにおいで)
 と後ろから声をかけられた。振りむいてみると、赤いちゃんちゃんこを着たおばあさんが、にこにこ笑って立っていた。赤ばっぱだ。

過去の受賞作品のご紹介

今までの受賞作品をカテゴリ毎に分けて
ご紹介しております。

  • 楽しい&
    元気になる話

    楽しいお話、
    元気になれる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心が
    あたたまる話

    こころがほっこり
    あたたまるような
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心にしみる話

    心にじんわりしみる
    ような、
    胸を打つ
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • ふしぎな話

    ちょっと不思議で
    ファンタジックな
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 動物が
    出てくる話

    いろいろな動物が
    登場するお話を
    まとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 季節の話

    春夏秋冬、
    四季を感じる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

童話の花束 PDF バックナンバーはこちら童話の花束 PDF バックナンバーはこちら