第41回(2010年)
JX童話賞
【一般の部 最優秀賞】

川から吹く風作者:小川由美

川から吹く風

 悠の住む街には川が多い。なので、どこへ行くにも、橋を渡らなければならない。自転車の荷台に載せてあるクーラーボックスが疎ましく思える坂道の中腹を、悠は汗だくで上っていた。
 悠の家は豆腐屋だ。おじいちゃんもひいおじいちゃんもそうだった。おとうさんは朝四時から豆腐作りをしている。おかあさんも一緒だ。
 最近は豆腐屋が珍しい。スーパーで買う家庭が多くなったのだ。 「うちの豆腐を食べたら、やみつきになるぞ。」
 は、おとうさんの口癖。
 確かにおとうさんの作る豆腐は柔らかくて、ほんのり甘くておいしい。けれど、悠は豆腐屋が好きではなかった。
 朝早くから起きて、一丁百五十円で売っても全部売れることはまれだ。全然もうからない。おまけに格好が悪い。ランニングシャツに長靴だなんて、悠は普通のスーツ姿のおとうさんが心底うらやましかった。

過去の受賞作品のご紹介

今までの受賞作品をカテゴリ毎に分けて
ご紹介しております。

  • 楽しい&
    元気になる話

    楽しいお話、
    元気になれる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心が
    あたたまる話

    こころがほっこり
    あたたまるような
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心にしみる話

    心にじんわりしみる
    ような、
    胸を打つ
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • ふしぎな話

    ちょっと不思議で
    ファンタジックな
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 動物が
    出てくる話

    いろいろな動物が
    登場するお話を
    まとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 季節の話

    春夏秋冬、
    四季を感じる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

童話の花束 PDF バックナンバーはこちら童話の花束 PDF バックナンバーはこちら