第40回(2009年)
JOMO童話賞
【一般の部 優秀賞】

かかしのジャック作者:山口智史

かかしのジャック

 別れは突然、やってきた。
 おじいさんが死んでしまったんだ。
 主がいなくなり、荒れ放題となった畑に、ボクだけがポツンと突っ立っている。流れる雲に思いをはせたり、夜空の星を数えてもみたけれど、寂しさは変わらない。
 澄みきった青空で、花びらのように踊る小鳥たちに、ボクは呼びかけてみる。
(もうボクを怖がる必要はないんだよ。一緒に遊ぼうよ。)
 だけど鳥も動物も、かかしのボクに近寄ってはくれない。
 ボクは、友だちが欲しかった。  季節はめぐり、春を迎えたころだった。
 あるとき、ボクの麦わら帽子に、鳥が一羽舞い降りてきた。そして、もう一羽。二羽で小さな枝をくわえてきて、麦わら帽子のくぼみに置いていく。ボクの頭の上に巣をつくっているらしい。
 一羽の足に巻かれている包帯を見て、驚いた。あのとき、おじいさんが助けてあげた鳥だ。ボクを怖がらないのは、人間のやさしさに触れたせいなのかもしれない。
 巣ができあがると、そこで卵を産み、やがてヒナが生まれた。生まれてきたヒナたちのために、二羽の親鳥は、エサをくわえて、せわしなく巣を往復する。
 夜、ボクの頭の上で、ひとつになって眠る親子のことを考えると、なぜかおじいさんといたころのように心が温かくなった。
 どうしてこんな幸せな気持ちになるんだろう。鳥たちを追いはらうのが、ボクの役目のはずなのに。

過去の受賞作品のご紹介

今までの受賞作品をカテゴリ毎に分けて
ご紹介しております。

  • 楽しい&
    元気になる話

    楽しいお話、
    元気になれる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心が
    あたたまる話

    こころがほっこり
    あたたまるような
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心にしみる話

    心にじんわりしみる
    ような、
    胸を打つ
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • ふしぎな話

    ちょっと不思議で
    ファンタジックな
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 動物が
    出てくる話

    いろいろな動物が
    登場するお話を
    まとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 季節の話

    春夏秋冬、
    四季を感じる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

童話の花束 PDF バックナンバーはこちら童話の花束 PDF バックナンバーはこちら