第40回(2009年)
JOMO童話賞
【一般の部 優秀賞】

かかしのジャック作者:山口智史

かかしのジャック

 ボクは、おじいさんの畑にいつも立っている。
 大事な畑の作物を、鳥たちから守るのがボクの仕事だ。
 おじいさんは、畑のそばの小さな小屋に、ひとりで住んでいた。とても働き者で、おひさまが顔を出して山の麓に沈むまで、畑で働いていた。
「ジャック、日差しが厳しいかい? 麦わら帽子をかぶせてやろうな。」
 おじいさんは、なぜかボクのことをジャックと呼んでいた。作業の合間に、いろいろボクに話しかけてくれた。家族のいないおじいさんにとって、ボクは大切なパートナーだったのかもしれない。

 ある日のこと、空から一羽の鳥がボクの目の前に落ちてきた。どうやら足をケガして弱っているらしく、ボクを見ても飛びたてずにいる。おじいさんは、鳥を見つけると、小屋に連れていき、数日介抱してから放してやった。
 「もうドジ踏むんじゃないぞ。」
 足に包帯を巻いた鳥が空へと帰っていくのを、おじいさんはうれしそうに見送っていた。
 元気になれば、畑を荒らしに戻ってくるかもしれないのに……。
 でもボクは、おじいさんのそんなやさしさがすきだった。

過去の受賞作品のご紹介

今までの受賞作品をカテゴリ毎に分けて
ご紹介しております。

  • 楽しい&
    元気になる話

    楽しいお話、
    元気になれる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心が
    あたたまる話

    こころがほっこり
    あたたまるような
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心にしみる話

    心にじんわりしみる
    ような、
    胸を打つ
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • ふしぎな話

    ちょっと不思議で
    ファンタジックな
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 動物が
    出てくる話

    いろいろな動物が
    登場するお話を
    まとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 季節の話

    春夏秋冬、
    四季を感じる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

童話の花束 PDF バックナンバーはこちら童話の花束 PDF バックナンバーはこちら