第40回(2009年)
JOMO童話賞
【小学生以下の部 最優秀賞】

どんぐりの実だった頃作者:一戸笙史

どんぐりの実だった頃

 わたしはどんぐりの木、いつも子どもたちを見守っている大きな木。これは、わたしがどんぐりの実だったときのお話。
 ぼくたちが、木から落ちるときがやってきました。この時期になると、北風さんが、ぼくたちを落としに来てくれますが、なかなか来てくれませんでした。
 ある朝、遅刻した小学生のように、慌てて北風さんがやってきました。
「待たせたな、どんぐり坊主。さあ、落とすで〜。」
 と、言い終わると同時に〝ビュー〟っと強い風が吹きました。
「わあ〜。」
 次々にみんな落ちていきます。
 でも、ぼくは、落ちませんでした。
「北風さあん、ここだよ。落としてよ。」
「よっしゃ。じゃ、もう一回行くで〜。」
 北風さんは、もう一度吹いてくれました。
「ビュー。」

過去の受賞作品のご紹介

今までの受賞作品をカテゴリ毎に分けて
ご紹介しております。

  • 楽しい&
    元気になる話

    楽しいお話、
    元気になれる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心が
    あたたまる話

    こころがほっこり
    あたたまるような
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心にしみる話

    心にじんわりしみる
    ような、
    胸を打つ
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • ふしぎな話

    ちょっと不思議で
    ファンタジックな
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 動物が
    出てくる話

    いろいろな動物が
    登場するお話を
    まとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 季節の話

    春夏秋冬、
    四季を感じる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

童話の花束 PDF バックナンバーはこちら童話の花束 PDF バックナンバーはこちら