読者の声 ~童話の花束を読んで~

ここでは「童話の花束」を読んだ読者のみなさまからのご意見・ご感想などを一部ご紹介しております。

2018年11月

  • 50代女性(島根県)友人・知人から入手

    それぞれ、短い文章の中に心を動かされる作品が多く、挿し絵も童話にあっていて、楽しく読ませていただきました。

  • 30代女性(新潟県)サービスステーションで入手

    一般の人でも応募できる機会があると思い、初めてサービスステーションでもらいました。どの作品もとてもいい話でした。娘も応募してみたいと言っています。

  • 50代男性サービスステーションで入手

    作品ひとつひとつに引き込まれました。ボランティアで小学校での読み聞かせをしておりますが、読むだけでなく、物語を作ってみるのも楽しそうだという気にさせてくれる出会いでした。作品集を介しての、人と人とを結ぶ絆が目に見えるようです。すばらしい取り組みですね。

2018年10月

  • 9歳男の子(岐阜県)サービスステーションで入手

    ぼくは、童話の花束を毎回楽しみにしているので、ぼくも童話を書きたいと思いました。

  • 40代女性(宮城県)

    どのお話も楽しかったり、感動したり、楽しく読み進めることができました。挿し絵もとても美しく、ながめているだけで気持ちが明るくなります。本当に花束ですね。

  • 70代男性(北海道)サービスステーションで入手

    現役時代に会社の一角で、御社の製品などを販売させていただいておりました。社会に利益の一部を還元する社是に賛同し、敬意を抱いておりました。今後も永続されますことを祈念いたしております。

2018年9月

  • 8歳女の子(山形県)サービスステーションで入手

    どれもすてきで中にはおもしろい話やいい話もあって、この「童話の花束」が気に入りました。

  • 80代男性(北海道)作品を応募して入手

    一般の部も中学生の部も小学生以下の部も、皆さんすばらしい作品でした。私も皆さんの作品を見習って、良い作品をと思っています。

  • 20代女性(栃木県)コンビニエンスストアで入手

    「ひまわりのお母さん」。小学生が考えたとは思えない発想力と文章力に、大人はかなわないと思いました。子どもにしか感じられない豊かな感性を、これからも大切にしていってほしいと思います。

2018年8月

  • 70代女性(山形県)作品を応募して入手

    孫とともに読ませてもらいました。そして、来年は孫と作品を応募したいです。生き長らえるための夢です。

  • 60代男性(東京都)サービスステーションで入手

    生活に疲れたときの「癒やし」になってくれるような、悲しみに寄り添ってくれるような、良い作品が多くてよかった。うまくいかないことが多い中、もう一度、がんばろうという気持ちにさせてくれるような作品もありがたい。

  • 60代女性(広島県)サービスステーションで入手

    心温まるお話がいっぱいです。サロンなどで時間が空いたときなど、皆に読んで聞かせます。世知辛い世の中に心のふれあいを大切にしていきたいです。

2018年7月

  • 60代女性(山梨県)サービスステーションで入手

    昨年より応募要項をいただき童話にチャレンジしてみようと思いましたが、今年も間に合いませんでした。内容はできているのですが、言葉にするのはむずかしいです。地元の新聞に毎月詩を書いて投稿していますが、夢を与えるのはむずかしいですね。

  • 50代女性(千葉県)サービスステーションで入手

    いつも次回が待ち遠しくて。その時の私の生活の中で同じ思いや、なるほど、と感じることがあり、涙ながす時も時折。この童話賞が長く続くことを願っております。ありがとうございます。

  • 70代男性(山形県)サービスステーションで入手

    「童話の花束」は、とても心が和みます。次回のJXTG童話賞へ私も応募したいと思いました。

2018年6月

  • 50代女性(静岡県)作品を応募して入手

    初めて応募し、初めて「童話の花束」を読ませていただきました。読んでホッとする、やさしい気持ちになれる、がんばろうと思える、どれも相手がいてこそのものだと強く感じました。

  • 70代女性(栃木県)サービスステーションで入手

    私は20年以上、小・中・高生に日本語を教えています。特に小・中の生徒には音読が必要ですので、教材として初めて使いました。教科書と違い、興味をもって音読します。漢字・語彙の教材としてもすごく助かっています。

  • 10歳女の子(東京都)タクシーの運転手さんから入手

    色々なお話がのっていて感動しました。しょうらいは作家になりたいので私も書いてみます。じっくり内ようを考えているとちゅうです。小学生も書いているなんてびっくりしてしまいました!本を書くことが好きなので、この本にいつか私が書いたお話がのるといいなと思います。本をつくるなんて今もわくわくしています。

2018年5月

  • 70代女性(和歌山県)友人・知人から入手

    毎年忘れずに誕生日に送ってくれる人があり、楽しみにしています。私には無理と思ってきましたが、来年後期高齢者の仲間入り、最後の悪あがきで何か書けないものかと・・・。

  • 60代男性(大阪府)エッソのサービスステーションで入手

    心馴染む内容で、非常に良かったです。これからも読みたいです。

  • 12歳女の子(京都府)学校で入手

    とても心に残るお話で良かったです。物語とは思えず、作られた人はすごいなと思いました。とても感動したし、とても良かったです。また読みたいです。楽しみになりました。

2018年4月

  • 9歳女の子(群馬県)ENEOSのSSで入手

    私は作文や物語を書いたり、読んだりすることが大好きです。書いたものを読んで感動してもらえたらうれしいです。

  • 90代女性(静岡県)作品を応募して入手

    私は2回応募しましたが、作風が全然違うと感じ参考になりました。今年は気付いた点に気をつけ、もう一度応募してみたくなりました。私にはこれ程ファンタジックな文は書けませんが、近づく事は出来るかもと考えて頑張ってみます。子どもの頃、夢に描いた事を思い出して書いてみます。

  • 30代男性(岡山県)作品を応募して入手

    JXTG童話賞は偏りなく、いろいろな作品が読めるところが素晴らしいと思います。どの作品も、ハッとさせられたり、驚きに充ちていたり、また、考えさせられる作品もありますが、けっして不幸ではない筋書きが、これを読んだ子どもたちの心に、未来を照らす灯火となって宿り続けるのではないかと思います。

2018年3月

  • 80代男性(青森県)友人・知人から入手

    「国境なき医師団の看護師」「ふるさとでの地域貢献」「児童養護施設での子どもの手助け」といった将来の夢を持つ、奨学助成金を受けた奨学生3人の方の言葉を読んで、それぞれの立場で真剣に悩み、日々の体験から得た貴重な結論に私は感動を覚えました。できればこの様な若者こそ、現実を脚色した作品を書いてくれたら、きっと物語の世界が新鮮で、新しい刺激が生まれるかもしれない。そういう作品を読んでみたいです。

  • 60代男性(東京都)作品を応募して入手

    みなそれぞれ心を打つ童話でした。私も生きているうちに人々の優しい心に触れる作品を書いてみたいと思っています。テクニックでは劣るかもしれませんが、感情豊かな文章をつらねてみたくがんばります。

  • 40代女性(新潟県)作品を応募して入手

    いろいろな世代の方が書いた童話を読むことができて、楽しませていただいています。中には、子どもの頃をなつかしく思ったり、切なくなったりすることもありました。読んだ後はいつも気持ちがほっとして、元気もわいてきます。いつも楽しみにしています。

2018年2月

  • 60代女性(愛知県)友人・知人から入手

    どの作品もほっこりとしたり感動したり、皆さんの感性の良さに感心しました。今、地元の小学校で読み聞かせをさせていただいております。この作品を使いたいと思いました。また、この「童話の花束」のこともお話を作る事が好きな子どもたちに伝えたいと思っております。

  • 50代男性(滋賀県)作品を応募して入手

    童話に美しい絵が創作され、充実した冊子だと思いました。次は私の作品が載るように、再び応募したいです。

  • 40代女性(埼玉県)友人・知人から入手

    楽しく読ませていただきました。子どもも一緒に読むことができて、おだやかな時間を過ごせました。ありがとうございました。

2018年1月

  • 70代男性(新潟県)作品を応募して入手

    読み進むうち、目頭が熱くなる作品が多く、大変感動いたしました。及ばずながら、自分もがんばらなくてはと、勇気をもらった気がします。

  • 50代女性(神奈川県)作品を応募して入手

    “花束”という言葉がぴったりだと思いました。色あざやかな花々が咲いていて、とてもよい香りがしてきます。心がほんわかうれしくなりました。

  • 30代男性(和歌山県)友人・知人から入手

    みんな、楽しいお話や「ふ~ん」と考えさせられるいいお話でした。作者の日常生活や思考などが感じられる作品が多く、いっきに読み進めることができました。ありがとうございました。