読者の声 ~童話の花束を読んで~

ここでは「童話の花束」を読んだ読者のみなさまからのご意見・ご感想などを一部ご紹介しております。

2016年12月

  • 30代女性(福島県)娘の学校から配布されて入手

    ついプッと笑ってしまう話から、涙が出てきてしまう話まで。1冊の本で色々な話が読めるのがとても面白いと思います。これからもぜひ続けていって欲しいです。

  • 60代男性(熊本県)ENEOSのSSで入手

    残されたカレーライスはとても思い出に残る作品です。表現力が素晴らしいです。これからも良い作品を載せてください。

  • 10歳女の子(長崎県)作品を応募して入手

    「五月のシャトル」のお話のあさことれいが一緒に試合をした所がいがいでした。

2016年11月

  • 60代女性(広島県)ENEOSのSSで入手

    いつも楽しみにしています。心あたたまる作品は何度でものぞいてみたくなります。童話の世界、年齢を問わず、広がってゆくと良いですね。いつか参加できたらいいなと思っています。

  • 70代女性(埼玉県)ENEOSのSSで入手

    第44回、45回JX-ENEOS童話賞作品集をENEOSのSSでいただきまして、小学校の読み聞かせに読んでいます。また、朗読ボランティア等にも使わせていただきました。「ぼくってどこがいいの」、「小さな駅の待合室」等、とても気に入っています。

  • 40代女性(岡山県)駐車場の受付で入手

    偶然手に入れた本ですが、色々な年齢の方が色々な話を書かれていておもしろかったです。さし絵もとても美しいと思いました。このような活動をされていたことも全く知りませんでした。

2016年10月

  • 50代女性(千葉県)ENEOSのSSで入手

    童話はもちろんのこと、「選考を終えて」の先生方の文章に心ひかれて読んでいます。読後は必ず「私もがんばろう」と生きる力をもらいます。

  • 11歳女の子(福島県)ENEOSのSSで入手

    私は、この童話の花束を読み始めたのは、はとこが持っていて、読むとおもしろかったり感動したからです。なのでこれからもいい本にしてください。

  • 70代女性(奈良県)ENEOSのSSで入手

    毎回ENEOSのSSでいただいています。涙したり、笑ったり、心なごむ作品と絵をかく事の好きな私は、それぞれの個性あふれる絵とともに楽しんでいます。難聴の私は、テレビ音楽等は聞けないので、読むことはとても楽しいです。いつか私も応募してみたい。

2016年9月

  • 8歳女の子(石川県)ENEOSのSSで入手

    おおきなおおきなおもち をよみました。プレゼントがあんなにおおきなおもちだったのでビックリしました。

  • 70代男性(神奈川県)川崎市民プラザで入手

    すばらしい内容におどろき。有料でもいいからずっと続けて下さい。孫に聞かせてあげています。イラストたくさん入れて、すぐ楽しく話せる、見せる花束にして下さい。ふくださんの絵も Very Good です。今年もよろしくお願いします。

  • 40代女性(長崎県)友人・知人から入手

    “残されたカレーライス”涙が止まりませんでした。東日本大震災で残された遺児に思いを馳せ、どうか皆さんが幸せであるようにと祈らずにはいられなかった。“七十回目の夏”とても若い方が書かれていて驚きました。

2016年8月

  • 40代男性(宮城県)ENEOSのSSで入手

    子どもが真剣によんでました。今まで、この本があるのを知りませんでした。もっとPRしたら!

  • 50代女性(栃木県)ENEOSのSSで入手

    とても心が温かくなりました。年齢を問わず人の心の奥から伝わるやさしさや悲しさそして強さを感じました。

  • 9歳女の子(静岡県)作品を応募して入手

    戦争のお話や楽しいお話がのっていてすごかったです。わたしは本が大すきで家には本がたくさんあります。おくってくれるとうれしいです。

2016年7月

  • 9歳女の子(神奈川県)図書館で入手

    「コネコに電話」があいじょうあふれると思いました。「雪がふるといいな」が気に入りました。

  • 30代男性(愛知県)プレゼントに応募して入手

    災害や戦争など考えさせられる内容もありましたが、拝読し、自分も作品を書いてみたくなりました。

  • 60代女性(青森県)業者さんより入手

    業者さんが、こども園である当園に「読みますか?」と持参して下さった5冊の本。「残されたカレーライス」や「コネコに電話」に胸がしめつけられたり、ほほえんだり、懐かしかったり、70歳近い私の心に久し振りに暖かい風が吹いてきました。こどもたちの賑やかな声を聞きながら、仕事中にちょっと手を休めて一気に読んでしまいました。業者さんに感謝ですネ!

2016年6月

  • 70代女性(茨城県)ENEOSのSSで入手

    感心、感涙の作品ばかりで久し振りに心が洗われた気がしました。この企画、続けていってください。沢山の人がもっと読んで下さる事を願います。ありがとうございました。

  • 50代女性(島根県)作品を応募して入手

    童話というのは子どもたちが読むもんだと思っていましたが、大人にも通用するとは思っていませんでした。今回も思わずほほえむ様な作品に出合えました。

  • 40代女性(香川県)プレゼントに応募して入手

    素晴らしいものばかりで、特に年少の方の作品には感銘を受けます。当初は子どもたちに読書の楽しさを知ってもらおうと、手軽に読める教材としていましたが、今では私自身が心待ちにしております。テーブルに置いておくと皆勝手に読んでいます。互いの感想を言い合うのも家族団欒になり、とても有り難いです。

2016年5月

  • 11歳男の子(北海道)学校で入手

    こういう童話のふれ合いはとてもよいと思います。ぼくは物語を作るのが大好きなので出しました。

  • 60代女性(東京都)友人・知人から入手

    朗読講座でご一緒している方が、もってきてくださり、みんなで回覧。何度も、最初から最後まで、すべての作品を読んでいます。「コネコに電話」だけは、どうしても、涙がとまりません。これを、泣かずに読み聞かせできたらと思ってなりません。

  • 60代男性(茨城県)友人・知人から入手

    子どもさんの感性のすばらしさ、夢を描いて表現する、文字にする、まとめる、どの作品もすごいです。私も一度挑戦してみたいです。

2016年4月

  • 60代女性(岩手県)ENEOSのSSで入手

    ENEOSには何度も行っていますが、中に入ることが少なく、タイヤのパンクの為、この本に出合いました。孫にも読ませたいと思い1冊頂いてきました。全部読み終わり、励みになり子どもの頃を思い出されました。また読みたいです。

  • 50代男性(埼玉県)作品を応募して入手

    小学生以下の作品を読むと、初々しくて、瑞々しい感覚に目を見張る。中学生の部の作品を読むと、彼等はもう大人の世界に足を踏み入れていると気付く。図らずも一般の部に属する当方としては、「私もガンバラなくちゃ」と思う次第。今年も無い知恵を絞らなきゃ、と気合を入れました。

  • 30代女性(徳島県)ENEOSのSSで入手

    文章と絵が合っていて楽しく読めました。やぎっ子を読んで、がんばったおばあさんに良い事があるのかと思ったら特に何もありませんでした。ちょっとおもしろかったです。

2016年3月

  • 80代女性(東京都)ENEOSのSSで入手

    書く事は出来ません。けれど読む事は楽しく読ませて頂きました。「七十回目の夏」を読んで、私も終戦5日前に家を飛ばされて色々と思い出しました。私も70回目の夏なんですねと思い出し、この年齢まで働いております事に本当に感謝しております。あの時近所の方が大勢亡くなりました。70回、いや70年になるのですね。私は元気で働いております。感謝しております。

  • 6歳男の子(岐阜県)ENEOSのSSで入手

    すごくおもしろかったです。それにしてもかにおしょうさんのおはなしがとてもおもしろかったです。

  • 50代男性(広島県)ENEOSのSSで入手

    とても心があたたかくなり幼少のころを思い出しました。初めて読み、本の事を知り、うれしくなりました。長く続けてほしいものです。私も応募したくなりました。

2016年2月

  • 10代女性(福岡県)作品を応募して入手

    初めて作品を応募し、初めて「童話の花束」を手にすることができました。ここにある全てのお話が私にとって新鮮で、このような「物語のコンクール」がこれからもずっと続いてほしいと思いました。また、審査員の方々の辛口のコメントも参考になり、来年も応募したいと思いました。

  • 60代男性(大阪府)作品を応募して入手

    「残されたカレーライス」、深い悲しみが伝わってきます。多くの子ども達が同じ思いを胸の中にもって、今も生きているんだと思います。

  • 40代女性(千葉県)作品を応募して入手

    人間が本来持っている優しさ、純粋さ、思いやり、温かさが感じられる作品ばかりだと思いました。パソコン、スマホの普及や単身世帯の増加で、便利になった反面、会話や人とのふれあいや、時には感情のぶつかりあいの少ない淋しい世の中になったと思います。機械や物と違って人間には心や感情があり、それを伝える言葉を持った生き物であることを認識するためにも、この企画は毎年絶えることなく続いてほしいと思います。著名な作家の方々が読んで下さることを励みに“書く”機会を与えて下さりありがとうございました。

2016年1月

  • 10代女性(鹿児島県)作品を応募して入手

    今回童話賞に応募させていただいた者です。読んでいて気づきました。人の心を揺さぶるそんな作品ばかりです。未熟でした。もっともっとたくさんの本を読んで、次は人の心をつかむような童話を書いてみせます!

  • 70代女性(宮城県)プレゼントに応募して入手

    私の住んでいる塩釜も大震災で被害を受けたので「残されたカレーライス」は感動しました。小学校の「読み聞かせ」ボランティアをしているので読んでみようと思います。

  • 60代男性(埼玉県)作品を応募して入手

    一万を超える中から選ばれた作品だけあってどれもすばらしいものです。私も5回応募しましたが、ノンフィクションに近く、説明文になってしまいます。楽しく読むことが出来ました。