童話っていいね!~おすすめ童話のご紹介~

ゴムあたまポンたろう

ゴムあたまポンたろう

長 新太:作・絵
出版社:童心社 ISBN:978-4-494-00881-0
1998年3月発行 1,300円+税

作者の長新太さんは、1927年、東京都生まれ。『おしゃべりなたまごやき』(文芸春秋漫画賞受賞・福音館書店)、『はるですよふくろうおばさん』(講談社出版文化賞 絵本賞受賞・講談社)、『キャベツくん』(絵本にっぽん賞 大賞受賞・文研出版)、『ぞうのたまごのたまごやき』(小学館絵画賞受賞・福音館書店)など受賞作品が多数あります。

ココがいいね!

もうすぐゴールデンウィークですね。旅行の計画を立てて楽しみにされている方も多いのではないでしょうか。今回は、とっても不思議な男の子の、空の旅のお話をご紹介します。

遠くの方からひとりの男の子が飛んできました。名前は、“ゴムあたまポンたろう”です。頭がゴムでできているので、どんなものにあたっても痛くありません。“ゴムあたまポンたろう”が山にぶつかると、ボールのように飛んで、寝ている大男の角にあたりました。跳ね返った“ゴムあたまポンたろう”は、さらにいろんなところにぶつかって、さて、どんな旅をしていくのでしょう・・・。

“ゴムあたまポンたろう”という名前にクスっと笑って、読み始めるとお話の奇想天外な展開にハラハラワクワク。どうして頭がゴムなの? ということは深く考えずに、色とりどりのページをめくりながら不思議で想像もつかないストーリーに入りこんでみてください。

流れに身を任せる“ゴムあたまポンたろう”の自由な空の旅。読み進めるとリラックスした気持ちになれる1冊です。次はどこを旅してみようかな、とみんなで楽しく考えてみるのも「いいね!」