童話っていいね!~おすすめ童話のご紹介~

ないしょのおともだち

ないしょのおともだち

ビバリー・ドノフリオ:著
バーバラ・マクリントック :絵
福本 友美子:訳
ほるぷ出版 :ISBN:978-4593505074
2009年5月発行 1,600円+税

作者のビバリー・ドノフリオさんは、アメリカ生まれの作家。若くして結婚、出産を経験し、数年で離婚。数々のトラブルを乗り越えて、作家となる夢を実現しました。自伝的小説『サンキュー、ボーイズ』はベストセラーとなり映画にもなりました。
イラストのバーバラ・マクリントックさんは、アメリカ生まれの絵本作家。幼い頃から絵本作家になることを夢見て、19歳の時にニューヨークへ移り住み、絵本を作り始めました。クラシックな雰囲気の画風が特徴的で、主な作品には『シモンのおとしもの』『ダニエルのふしぎな絵』などがあります。
訳者の福本友美子さんは、慶応義塾大学卒業後、図書館勤務を経て、児童書の翻訳や研究を行うようになりました。『おぎょうぎのよいペンギンくん』『リディアのガーデニング』など多数の訳書があります。

ココがいいね!

本書は、『この絵本が好き!2010年版』(別冊太陽編集部)の海外翻訳絵本部門で第1位に選ばれた、女の子とネズミの友情物語です。ページの左側には女の子の生活、右側にはネズミの生活が細かく描写されており、読むたびに新しい発見があります。
これからクリスマスシーズンに向けてのプレゼントとしても最適な一冊です。

この本の読みどころ

マリーとネズミ。おなじいえにすむ「ないしょのおともだち」です。ふとした偶然から出会い、仲良くなったふたりにも、やがて悲しい別れの時が訪れます。しかし、長い年月が過ぎた後、もうひとつの運命的な出会いが待っていました。
マリーとネズミは、本の左右で同じように絵を描いたり、読書をしたりしています。ネズミの家のインテリアの描写は、目を見張るほど凝っていて、卵ケースでできたソファーにティーバッグのクッション、糸巻きでできたスツールなど、端から端まで、見ているだけでとてもわくわくさせられます。
読後は、親子でご一緒に温かい気持ちになれる1冊です。この冬、マリーとネズミの「ないしょ」の世界を覗いて見るのはいかがでしょうか。