童話っていいね!~おすすめ童話のご紹介~

ルリユールおじさん

ルリユールおじさん

いせひでこ:作・絵
理論社 :ISBN:978-4-652-040508
2006年9月初版発行 1,600円+税

作者のいせひでこさんは、1949年、北海道生まれ。東京芸術大学デザイン科を卒業。 73〜74年、フランスに遊学。75年に初めて個展を開きました。『だっくんあそぼうよシリーズ』でサンケイ児童出版文化賞、『むぎわらぼうし』で絵本にっぽん賞を受賞。『あかちゃんなんかすててきて』、『アカネちゃんとお客さんのパパ』など多くの作品を発表しています。

ココがいいね!

パリの街並みが柔らかく美しい水彩画で描かれ、多くの人の心をひきつけています。 「この絵本が好き!」(平凡社)では、2007年度ベスト絵本の第1位を獲得。本作は各メディアでも紹介され、第38回講談社出版文化賞・絵本賞を受賞しています。さらにはパリでも原画展が開かれるなど、非常に話題を呼んでいます。

この本の読みどころ

タイトルにもなっているルリユールとは、フランス語で「製本」を意味する言葉です。 ルリユールおじさんは、ばらばらになってしまった植物図鑑を、一つ一つの丁寧な手作業で蘇らせていきます。ルリユールという素晴らしい職人技を繊細かつ美しい絵で紹介しています。
現在では、製本はほとんどが機械化され、ルリユールおじさんのような製本職人が、少なくなっているのが現状です。 ルリユールおじさんが父から受け継いだ、本を愛する心、物を大切にする心、仕事に対する誇りが込められた一冊。 本を大切にしたいと思う気持ちが心の底から湧いてきます。