童話っていいね!~おすすめ童話のご紹介~

グッドラック

グッドラック

アレックス・ロビラ/フェルナンド・トリアス・デ・ベス・共著
田内志文・訳 ポプラ社 ISBN:4591081451 
2004年6月初版発行 952円+税

作者のアレックス・ロビラは、MBAをもつ経済学者であり、心理学や民俗学にも造詣が深く、企業活動や消費行動をダイナミックな人間学の中に位置付ける新しいマーケティング手法は高い評価を得ています。本書は、そんな彼が5歳になる自分の娘に聞かせようとつくった物語です。
もう1人の作者、フェルナンド・トリアス・デ・べスは、同じビジネススクールでMBAを取得した経済学者。2003年、「マーケティングの神様」フィリップ・コトラーとの共著を発表し、世界中の注目を集めました。
翻訳の田内志文は、1974年埼玉県生まれです。フリーライターとして活動したのち渡英。イースト・アングリア大学院にて、翻訳を学びました。

ココがいいね!

本国スペインをはじめ、世界中でベストセラーとなっています。日本でも世代を問わず幅広い読者に読まれ、150万部を突破しています。
四ツ葉のクローバーが配置された美しい装丁はとても印象的で、思わず手に取ってしまった人も多いのではないでしょうか。その表紙はリバーシブルとなっており、昨年の冬には赤いカバーの特装版が発売され、話題となりました。
また、この本の読者から寄せられたエピソードをまとめた 「もうひとつのグッドラック物語」という本も好評です。

この本の読みどころ

54年ぶりに再会した幼なじみのマックスとジム。ひとりは豊かな人生を手に入れ、もうひとりはすべてを失っていた。2人の運命を分けたのは、1つの寓話「魅惑の森でクローバーを探す2人の騎士の物語」だった。
この本は読む人によって、伝説にも、哲学書にも、ビジネス書にも思える不思議な本です。読み終えると前向きな気持ちになれることでしょう。