童話っていいね!~おすすめ童話のご紹介~

ハートソング—すべての人のこころに歌を

ハートソング—すべての人のこころに歌を

マティ・ステパネク:著 廣瀬裕子:訳
PHP研究所 2002年9月 初版発行
1,000円+税 ISBN:4569624057

作者のマティ・ステパネクは1990年生まれ。生まれながらに筋ジストロフィーを発症し、3歳のとき、1つ年上の兄ジャミーを同じ病気で亡くしたことをきっかけに詩を作り始めました。1999年、その詩作に対し、チルドレンズ・ホスピス・インターナショナルから「メリンダ・ローレンス国際図書賞」をおくられ、2002年には、筋ジストロフィー協会の親善大使に任命されます。現在は、母親ジェニ、介助犬とメリーランド州で暮らしています。
訳者の廣瀬裕子は東京生まれ。単行本の編集者を経て作家になりました。この作品が初めての翻訳です。

ココがいいね!

マティ君には、自分の詩集の出版、尊敬するカーター元大統領と会う、大好きなテレビ番組で詩の朗読をする、という「3つの願い事」がありました。
彼が11歳で、危篤状態となった時、家族が出版社に頼んで詩を本にしてもらい、彼は奇跡的に命をとりとめました。その後、周りの人々の協力によって、12歳の時にはすべての夢が叶ったそうです。
この本は、全米で200万部を突破し、続編「すてきなすてきな世界のため ハートソング2」もベストセラーとなり、話題となっています。

この本の読みどころ

病気が良くなったら世界中に平和の尊さを広めたい、というマティ君の強い想いが、一冊の本となりました。
常に死と直面していながら、世界平和を願い、命の尊さ、自然の素晴らしさ、日常のありふれた出来事に感謝している愛にあふれた詩は、心の奥底に響きます。
生きていることの素晴らしさを気付かせてくれる一冊です。