よくあるご質問(FAQ)

作品について

Q1.童話とはどういう定義ですか?

特に定義はありません。一般的には子どものための物語を指しますが、大人の方のための童話も可とします。ただし、内容につきましては、子どもの読者へのご配慮をお願いします。

Q2.童話というのは昔話のようなものですか?

現代や未来の設定でお書きいただいても結構です。

Q3.空想の世界を舞台にしたファンタジーを書きたいのですが。

「心のふれあい」をテーマとしていただければ作風は問いません。

Q4.詩は応募できますか。

詩は対象外です。

Q5.読者の対象年齢は?

特に指定はありません。小さなお子さんにも読まれることにご配慮いただきたいと思います。

Q6.漢字は使っていいですか?ふりがなはつけた方がいいですか?

漢字の使用に制限はありません。童話の花束に掲載する際に、事務局ですべての漢字にふりがなをつけますので、原稿にふりがなをつけなくて結構です。ただし、固有名詞や作品の構成上、特別な読み方で使用する漢字にはふりがなをつけてください。

Q7.自分で挿絵を描いたのですが、作品には絵・イラストが必要ですか?
絵本や紙芝居の応募はできますか?

童話の花束に掲載する挿絵は、事務局の方ですべて新たに制作します。作品に絵・イラストは不要です。絵本や紙芝居の募集は行っていません。また、絵や写真のみのご応募は受け付けておりません。

Q8.童話教室(塾・講座など)で制作したものを応募したいのですが、可能でしょうか?
(教室で添削してもらい清書した作品、教室で書いたものにアレンジを加えた作品も含む)

童話教室(塾・講座)での添削など、第三者の目に触れた時点で未発表には該当しないため、新たに創作された作品でのご応募をお願いします。

Q9.国語の授業で書いた作品を応募してもいいですか?

国語の授業で先生の添削を受けていたり、生徒達の間で発表などが行われた場合は、第三者の目に触れたこととなるため、「未発表の作品」にはなりません。
新たに創作された作品でのご応募をお願いします。

Q10.出版社に見せた(持ち込んだ)作品を応募してもいいですか。

出版の有無に関わらず出版社の方が見た時点で第三者の目に触れたことになるため、「未発表の作品」にはなりません。
新たに創作された作品でのご応募をお願いします。

Q11.自分のホームページに掲載している作品を応募してもいいですか?

インターネットのホームページに掲載された作品は、ホームページが個人のものであっても一般に公表されたものとみなされ、未発表とはなりませんので、ご応募いただくことはできません。

Q12.同人誌に掲載した作品を応募してもいいですか?

同人誌は一般の方が購入できる書籍となります。同人誌に掲載された内容は未発表とはみなされませんので、ご応募いただくことはできません。

Q13.何年か前に書いた作品を手直ししたものでもよいですか?

未発表の作品でしたら、いつお書きいただいたものでも問題なくご応募いただけます。

Q14.続き物の作品を2点以上応募したいのですが。

1つの作品で物語が完結していれば続編またはシリーズでお書きいただいても結構です。ただし、作品は個別に審査しますので、それぞれの作品だけを読んで登場人物や場面設定が読者に伝わることが前提です。

Q15.「心のふれあい」がテーマとありますが、登場人物は人間以外でもいいですか。

人、動物、擬人化した物など、登場人物はなんでも結構です。「心のふれあい」は、たとえば作者と読者の間にも起こるかもしれません。

応募要項について

Q1.用紙サイズの指定はありますか?

原稿用紙はB4サイズ、ワープロの場合はA4サイズが一般的ですが、特に指定はありません。

Q2.原稿用紙にそのままワープロ印刷してもいいですか。

20字×20行の規定が守られていればコピー用紙でも原稿用紙でも結構ですが、必ずタテ書きにしてください。

Q3.どうしても6枚以上になってはだめですか。

5枚以内でお願いします。大幅に超える場合は選考対象外となる場合がございますのでご注意ください。

Q4.5枚以内だったら何枚でもいいですか?

文字数の最小限度はありません。

Q5.書き方(段落の付け方など)、様式は自由でいいのですか。

基本的な作文のルールに従ってお書きください。物語の演出上特別な書き方をされる場合はルール通りでなくても結構です。童話の花束に掲載の際は、なるべく作者のイメージを再現できるよう配慮いたしますが、技術的に対応できない場合はご了承ください。

Q6.原稿用紙ではなくて便箋などではだめですか。

20字×20行の規定が守られていれば問題ありませんが、読みやすい適当な大きさの用紙をご使用ください。

Q7.筆記用具は鉛筆でも、ボールペンでもいいですか。

筆記用具の種類は特に指定はありませんが、はっきりと読みやすく書けるものをお使いください。色は黒または紺色、青色とし、薄い色や赤系のものは使わないでください。インターネットでの応募の場合は、文字色は黒を使用してください。

Q8.子どもが作った童話なのですが代筆してもいいですか。

大人が手を加えず、お子様の作品そのままの代筆でしたら結構です。

Q9.友人同士、または親子で合作でもいいですか。

合作でのご応募は受け付けておりません。

Q10.外国語での応募はできますか。

日本語の作品のみを対象としています。外国語の場合は必ず原文をそえて日本語訳された作品をお送りください。

Q11.点字で応募してもいいですか?

点字でお送りいただいた場合、第三者により墨字に訳させていただいた上での選考となりますのでご了承ください。なお、録音テープ等、音声による応募は受け付けておりません。

Q12.学校を通じて応募するのですが学校名を明記すれば保護者名は書かなくてもいいですか?

保護者名は書かなくて結構です。学校一括応募の場合は、必ず学校名・学校住所・ご担当の先生のお名前を併記してください。

Q13.年齢制限はありますか?

年齢の上限はありません。5月末日時点の学年で中学生の方は「中学生の部」、小学生以下の方は「小学生以下の部」となります。

Q14.別のコンテストに応募していて結果待ちの作品をこちらにも応募していいですか?

他のコンテストに応募した作品は、「未発表」とは認められませんので、ご応募いただけません。

Q15.以前他のコンテストで落選した作品を応募してもいいですか。

他のコンテストに応募した作品は、「未発表」とは認められませんので、ご応募いただけません。

Q16.一度だけ絵本を出版したが、アマチュアとして応募できますか。

アマチュアとはなりません。
※自費出版の場合は問題ありませんが、収入を得た経験がある方はアマチュアとはなりません。

Q17.ノンフィクションのライターをしているのですが応募できますか?

児童文学以外であればご応募いただけます。

Q18.2編以上一緒に送ってもいいですか?

問題ありません。念のため、同封されている作品数を封筒にお書きいただけると幸いです。また、郵便料金などをお確かめの上お送りください。

Q19.2人の作品を1つの封筒に入れて郵送してもいいですか?

特に問題ありませんが、開封作業などの際、お2人の作品が混ざってしまわないよう、一つ一つの作品と表紙をしっかり綴じておいてください。

Q20.一人何編まで応募できますか?

お一人何編でもご応募いただけます。

Q21.ペンネームはダメですか?

申し訳ございませんが、本名のみの受付とさせていただいております。

Q22.表紙とはなんですか?

原稿用紙のほかにご住所やお名前などの必要事項をご記入いただく用紙をご用意いただき表紙としてください。用紙は原稿用紙、便せんなどをご使用ください。

Q23.表紙を入れて5枚以内ですか?

表紙は含まれません。

Q24.職業には会社名や学校名も書くのですか?

会社員、自営業など一般的な職業区分をお書きください。学生の方は学年をお書きください。

Q25.2つ折とありますが封筒に入らないので2つ以上に折ってもいいですか。

郵送の際のトラブル防止のためにも大き目の封筒をご用意いただくのがよいのですが、難しい場合は、一旦2つ折にして表紙と一緒に綴じてから封筒に入る大きさにたたんでいただいて結構です。

Q26.ワープロ原稿の時も2つ折にするのですか?

A4サイズ程度でしたらそのまま折らずに綴じていただいて結構です。

Q27.表紙はひもで綴じるのですか?ホッチキスでもいいですか?

ホッチキスなど原稿と表紙がばらばらにならないようにしっかりと綴じられるものでしたらなんでも結構です。

Q28.私書箱宛に宅配便やメール便で送ったのですが、大丈夫でしょうか。

私書箱では宅配便やメール便は受け取れません。必ず普通郵便で送ってください。すでに送ってしまった場合は、宅配業者の方に配達記録を確認していただくようお願いします。

Q29.間違えて大手町に送ってしまったのですが…

事務局に転送されますので問題ありません。ただし、受領はがきが届くまでに多少余計に日数をいただく場合がございますのでご了承ください。

Q30.速達で送ってもいいですか。

特に速達でお送りいただかなくて結構です。また、私書箱のため、書留郵便は受け取ることができません。ご注意ください。

Q31.郵便局の手違いで戻ってきてしまったのですが…

締切に間に合う場合は、再度送りなおしてください。

Q32.インターネットから応募をしたいのですが、指定されたワープロソフト(Wordまたは一太郎)を持っていません。他のソフトで作ったファイルでも受け付けてもらえますか?

Word または 一太郎と互換性があるワープロソフトで作られたファイルであれば応募を受け付けます。

作品受領について

Q1.私の作品が届いているか確認したいのですが?

必ず受領ハガキ、または受領メールをお送りします。受領ハガキのお届けは、作品受領から最大約1ヶ月程度かかる場合があります。ネットでの応募の場合、受付が完了いたしますと、応募完了画面で受付番号をお知らせいたします。その後まもなく、受領メールが配信されます。携帯電話等のキャリアメールをご使用の方で、ドメイン指定受信を設定している方は「@e-graphics.com」からのメールを受信できるように設定してください。応募完了画面が表示されない場合はJXTGお客様センター(0120-56-8704)へお問合せください。応募完了画面が表示された場合は、間違いなく作品を受け付けておりますので、同じ作品を再送する事はお控えください。

Q2.作品中の文章の一部を差し替えて欲しいのですが?

申し訳ございませんが、お受け出来ません。

Q3.コピーするのを忘れたので、作品を送り返してください。

申し訳ございませんが、作品の返却は行っていません。

Q4.住所が変わったのですが…

JXTGお客様センター(0120-56-8704)で、その旨をお伝えください。作品受領ハガキについている番号もしくは受領メールの受付番号、名前、新旧住所・電話番号を教えてください。

選考結果について

Q1.発表はいつですか?

10月中旬に受賞者全員に、郵便でお知らせいたします。また、ホームページ上でも発表します。選に漏れた方には個別の連絡はいたしませんので、ご了承ください。

その他

Q1.どのくらいの応募があって何人が受賞するのですか?

毎年1万編に近い応募をいただいています。その中から一般の部 13編、中学生の部 10編、小学生以下の部 10編を選ばせていただきます。童話の花束に掲載されるのは、そのうち一般の部 8編、中学生の部 5編、小学生以下の部 5編の計18編となります。

Q2.著作権はどうなるのですか?

受賞作品の著作権はJXTGホールディングス株式会社に帰属することになります。作者ご自身のホームページであっても、許可なく複製、転載などをすることはできませんので、ご注意ください。

頻繁にいただくご質問を掲載しておりますが、引き続きご不明な点がある場合は、以下のフォームからお気軽にお問い合わせください。

童話賞についてのお問い合わせ童話賞についてのお問い合わせ