JXTG童話賞に
ついて

JXTG童話賞について

童話について

童話は、子どもから大人まで、みんなが楽しむことができます。読んだり、書いたり、読み聞かせたり、その楽しみ方はさまざまですが、すべてに共通しているのは、そこに“心のふれあい”があることです。年齢や性別に関係なく、作者と読者、読む人と聞く人、それぞれの間で言葉が媒介となり、想いが交わされます。童話は人と人を結ぶ、大切なコミュニケーションツールだといえるでしょう。

JXTGグループの取り組み

そんな童話を通じて社会のお役に立てればと考えた私たちJXTGグループは、受賞作品をまとめた一冊の童話集「童話の花束」を発行し、全国の社会福祉施設や里親家庭、幼稚園などに寄贈しています。また、「童話の花束」は、JXTGグループのサービスステーションを運営する特約店の皆様にお買い上げいただくほか、JXTGグループ各社とその役員・従業員にも販売し、その売上金のすべてを「JXTG童話基金」に組入れて、児童福祉施設等の子どもたちの自立を支援しています。

童話賞のあゆみ

童話賞のはじまりは、1970年、宅配灯油のお客さまへのプレゼント用として発行した一冊の童話集でした。1973年から創作童話作品を初公募し、その中から優秀作品を童話集「童話の花束」にまとめて発行する活動を始めました。応募数は、1984年に5,000編を突破、1993年には1万編を超えるなど広く社会に浸透してきました。

作品のテーマについて

「心のふれあい」をテーマとした創作童話です。誰が出てきても、どこが舞台でも、いつの時代のお話でもかまいません。みなさんが思い浮かべた「心のふれあい」を自由に綴って送っていただいています。寄せられる作品は、ドキドキするもの、胸がジーンと熱くなるもの、思わずクスリと笑ってしまうものなど実に様々。思い思いの「心のふれあい」が描かれています。

応募者について

小さなお子さまからご年配の方まで、また日本国内だけでなく海外に住む方からもご応募をいただいています。

JXTG童話基金に
ついて

JXTG童話基金

成り立ち

1992年、「童話の花束」を子どもたちのために役立てたいと考え、童話集の売上金をもとに設立したのが、「JXTG童話基金」のはじまりです。 私たちは、基金設立以来、全国社会福祉協議会(以下、全社協)のご協力のもと、児童福祉施設等の子どもたちを対象に、その時々に必要とされる支援を行ってきました。

2004年からは、全社協が「JXTG奨学助成制度」の運営を開始し、高校卒業後、大学・専門学校等に進学を希望する子どもたちに、1人当たり10万円の入学支度金を助成しています。

JXTG童話基金

子どもたちの現状

児童福祉施設等の子どもたちは、高校卒業後、自立の道を歩みます。大学・専門学校に進学したくても経済面や生活面の不安から、断念せざるを得ない場合が多く、進学率には大きな格差があります。

全高卒者74%に対し、児童福祉施設24%全高卒者74%に対し、児童福祉施設24%

子どもたちの未来のために

「JXTG童話基金」および「JXTG奨学助成制度」は、子どもたちの進学を金銭面から援助することで、子どもたちが将来、社会的に自立できるよう支援することを目的としています。
この助成制度は、返済不要なので、進学後の生活への不安を大きく緩和しています。

支援の流れと実績

「童話の花束」の売上金は「JXTG童話基金」に組み入れられ、「JXTG奨学助成制度」の運営資金となります。
2017年度は、494名の子どもたちに支援を行いました。
2004年の制度開始以来、5,266名の子どもたちに行った支援は、累計で5億1,585万円となります。

JXTG奨学助成 助成決定者数および金額JXTG奨学助成 助成決定者数および金額

  • 童話の花束童話の花束
  • 「童話の花束」売上金「童話の花束」売上金
  • 寄付寄付
  • 給付給付

奨学生からの声

  • 援助してくださったみなさまにしっかりと胸を張り自分を誇れるように、これからの生活や学校生活では1秒も無駄にしないように努力をし、必ず夢を叶えます。
  • 私のこれからの夢は、人を和ませられる、人の癒しになれるような看護師になることです。ゆくゆくは訪問看護師となり、生まれ育った県に貢献し、後悔のない人生を送っていきたいです。
  • 自動車整備士の資格を取得するために専門学校に進みます。大好きな自動車に関わる仕事に就けるようしっかり勉強しようと思います。その為に、いただいた助成金は大切に使わせて頂きます。
  • 林業大学校に入学し、林業のスペシャリストとなる勉強をします。森や山を再生し、自然災害から日本を守り、水資源を確保して漁業を助け、子孫に誇れる日本を残したいです。
  • 大学では社会福祉士の国家資格の取得を目指して勉学に励みます。進学と一人暮らしに不安を感じている時に奨学助成金の知らせを受け、嬉しさとともに経済的にゆとりが出来て安心しました。

奨学生からの声

支援を必要としている子どもたちの期待に応えたい。
子どもたちの社会的な自立を後押ししたい。
このような思いのもと、JXTGグループはこれからも「JXTG童話基金」の活動を続けてまいります。