「童話の花束」を読んで 童話賞受賞作品

2015年3月

「童話の花束」を読んだ方からのご意見・ご感想を一部ご紹介します。

「ぼくの幸せのぼうし」を読んで、次々にぼうしがいろんな人の手に届き、幸せが一つずつおとずれ、ぼくもほしいと思ったし、いろんな人に幸せが来てよかったと思いました。
--
(茨城県 9歳男性 学校で配布されました。)

以前、ラジオで聞いていたことがあり、いつもすてきな話が聞けて楽しみにしていたところ、いつも行くエネオスに本が置いてあり、頂いてきました。0歳の子がいますが、いつか読んであげたいので、大切に取っておきます。これからも楽しみにしています。
--
(新潟県 20代女性 ENEOSのSSで入手しました。)

いつも「童話の花束」を楽しみに読ませていただいております。私は今、93歳の母を介護しております。そんな中での「小さな待合室」は、ほのぼのしていて忘れていた大切なものを教えてもらったような気がして心が洗われました。
--
(岩手県 60代女性 ​友人・知人から入手しました。)